エクステの付け方

自まつ毛の根元から0.5~1.0mm離した部分に装着していく。

1)下まつげにテープを貼る

2)上まぶたをテープであげる

3)まつ毛のプレケア:精製水を含また綿棒で拭いた後に油分除去剤で拭き、 エアーブラシを使用して水分を飛ばします

4)自まつ毛1本に1本装着しエアーブラシをかける

まつ毛エクステは、自まつ毛そのものに装着していくので、まぶたなどの皮膚に接着剤がつくことはありません。自まつげの根元から、0.5mmから1mmほど離して装着していきます。

これは、 まつ毛エクステがまぶたに当たる危険を避けるための大事なポイントです。まつ毛の状態にあわせて上から横から下からまつ毛に沿わせるようにグルー(接着剤)で固定していくのです。 これは、上から装着した時の横からのイメージです。横から見るとなぜ根元を少し離すのかよくわかると思います。

まつ毛エクステがチクチクする場合は、この離す距離が短かったり、根元がしっかりまつげに沿っていおらず浮いてしまっているのが原因です。

グルー(接着剤)は乾いていく途中で少し縮むので、まつ毛エクステを装着した直後は違和感がなくても、時間がたってからチクチクと違和感を感じるようになる場合は、このグルー(接着剤)の縮むことを計算にいれないで装着したことが原因のひとつといえます。

まつ毛エクステというのは、まつ毛そのものに付けていきますので、皮膚に対して接着剤が付くということはまずありません。この辺りが安心なところですね。皮膚に対して接着剤が付くかもしれないと思うと、少し動いただけでも付くかもしれない、付いたらどうしようと思って、落ち着いてまつ毛エクステをしてもらうことが出来なくなってしまいます。

自分自身のまつ毛の根元から0.5mmから1mmほど離した状態で付けて行きます。このため、まぶたなどの皮膚に接着剤が当たるというようなことが無いということになるのです。この原理を知っておくと、実際にまつげエクステをしてもらう時も安心して行ってもらうことが出来ます。

その人のまつ毛の状態に合うように、上・横・下・絡めたりしてまつげに沿わせて、接着剤で固定をして付けていきます。もしもチクチクするというような違和感を感じた場合は、その時に伝えるようにしましょう。それは離す距離が短いという理由であったり、根元がきちんとまつげに沿っていないため、浮いているということが原因なので、伝えることによって、きちんと改善してもらえます。何か不安感を持った場合はしっかりと伝えるようにしましょう。

初めてまつげエクステをされるお客様へ キャンペーン&クーポン お客様の声 サロン情報 アイデザイナー募集 スタッフブログ ホットペッパーで予約 よくある質問

サロン名プリンセスフィズ
TEL03-6907-1183
住所東京都豊島区東池袋1-32-2 小川ビル3F
アクセスJR池袋駅いけふくろう口(東口)を出て、左側のビックカメラとZARAのある通り(明治通り沿い)を直進。右手にモスバーガーが見えてくるので、その手前を右折して20mほど歩いたところにある、1階に美味しいつけ麺屋さん【狸穴】があるビルの3階です。左側ドアの奥にエレベーターがございます。
営業時間[平 日] 12:00~20:30
[土曜日] 11:00~20:30
[日・祝日] 11:00~19:30
定休日無休
このページのトップへ